タイからモダンエスニックな雑貨たちの情報。
バンコク店、日本人スタッフのブログです!
プロフィール

ソップモエ

Author:ソップモエ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

織物は面白い

3月27日のブログでご紹介した「天然染料で染められたヘンプの織物」のバッグ。モデル、色合いともいろいろ入荷しています。

DSCN5374.jpg

そしてこちらはナチュラルなヘンプ素材で織った布の残りで作っためがねケース。

DSCN5376.jpg

なのですが、さて、この左端の布はちょっとヘンプと違うような、、、、なんだかコールテンっぽい??
実はこれ、細い糸と太い糸を交互に入れてうねをつけて織った厚手のコットンの布を、ストーンウオッシュした結果できた布なんです。もちろん元の布はSopMoeiの村で織った手織りの布です。
その布でバッグをつくると、、、、、こんな感じ! 左が紺色、右は黒のバージョンです。

DSCN5378.jpg DSCN5381 (2)

SopMoeiArtsでは絶えず、新しい布を生み出そうと頑張っています。応援してくださいね!
スポンサーサイト
[2017/04/24 01:17] | バッグ・ポーチ・皮小物 | トラックバック(0) | コメント(0)
ピクニックバスケット入荷
DSC06169.jpg


人気のピクニックバスケットが久しぶりに入荷しましたよ。
こちらのバスケットは歪みなく成形することがとても難しく作れる職人さんが限定されてしまうため、最近では入荷が不定期となっているんです。

和服に合わせてもいいですが、上の写真のように洋服の時に使ってもステキですよね〜。
ホテルでランチなどちょっとおしゃれして行きたい場面などでも使っていただけるのではないでしょうか?


今回は淡い色の手織り布3色と合わせております。

DSC06181.jpg


DSC06178.jpg


DSC06185.jpg
[2017/04/10 09:04] | バッグ・ポーチ・皮小物 | トラックバック(0) | コメント(0)
天然染料で染められたヘンプのハンドバッグ
ここ最近ヘンプ素材のいろいろなバッグが入荷していますが、今度はコットンに自然素材で染色したヘンプを織り込んだトート型ハンドバッグが4色(各1個ずつ)入りました!
一眼見た瞬間に色合いがとってもキレイで目を引くなぁと思っていたら、入荷早々さっそく2色ご購入いただけたんですよ。

DSC06161.jpg


DSC06157.jpg
Terminalia alataという木の皮から採った染料を使っています。
お客様が選んでいらっしゃる最中ににささっと撮った写真のためわかりにくいですが、実物はもっとステキなむらさきです!

DSC06164.jpg
こちらは茶色の染料として使われるアカシアカテキュー(阿仙薬)で染められたヘンプ。


土曜日の時点で在庫は2つ(2色)となっています。1880バーツ。
再入荷の際にまた生地の素材感など詳細をご紹介させていくださいね。




[2017/03/27 00:00] | バッグ・ポーチ・皮小物 | トラックバック(0) | コメント(0)
ヘンプって何?
1月24日のブログで新入荷のヘンプ・バッグについてご紹介させていただきました。
黒地との組み合わせがシックで、丁寧な織がほどこされ、好評です。

私はヘンプとは何か知りませんでした。そこで少々調べてみました。

hemp bag

ヘンプは麻科の植物で、茎の部分の繊維が加工されて糸となり、布だけでなくロープの材料としても使われるそうです。
その他、ヘンプは古代から大変有用な植物として重宝されていたそうです。
ヘンプの葉は難病の治療に効果があり、いろいろな医薬品に使用されているそうです。また紙の原料にもなっていて、古代ではほとんどがヘンプ紙だったとか。
ヘンプの種は、タンパク源を含んで食用できるだけでなく、種からとれる油は保湿効果が高く化粧品、石鹸などのボディーケアにも使われているそうです。花の穂は神道儀式などに使われます。
さらに、なんと茎の芯の部分は燃料にもなるとのことでエタノール生産にも使用されています。

難病治療から代替燃料まで、ヘンプはスーパー植物だったんですね。

(図:http://maron49.com/3504 より)
ヘンプ

テーマ:アクセサリー&雑貨 - ジャンル:ファッション・ブランド

[2017/02/17 01:24] | バッグ・ポーチ・皮小物 | トラックバック(0) | コメント(0)
春色トート♪

春らしい薄い色合いのトートバックが初登場!
色はフレッシュなグリーン系とオレンジ系。持ち手の部分は本革です。

two bag



carried bag

こんなバックと出かけたら、気分もウキウキしてきそう♪


こちらは日本人ボランティアスタッフがチェンマイの糸問屋に出向き、
試行錯誤のうえ配色を決め、村の職人に織ってもらったもの。


そう言えばこの配色。。。。どこかで見たような。

まさに、昨年末わたしが視察に訪れたメーサリアンの織物センターで織ってた布では!

orimono center

あの時職人さんが力一杯織っていた布が、こうしてやっと商品になったんですね。


明日は立春。

今月22日からスタートする「さくら色フェア」にむけて、チャンマイの工房では準備を
スピードアップしています。
薄いピンク、グリーン、白系のランナーも多数ご用意しますので、どうぞお楽しみに♪
[2017/02/02 15:59] | バッグ・ポーチ・皮小物 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>